February 21, 2005

展覧会[桑沢2005][デザイナーと道具展]を見て

昨日は、桑沢デザイン研究所卒業制作展「桑沢2005」と、松屋銀座での「デザイナーと道具展」を見てきました。
「桑沢2005」は、新校舎での卒展ということもあり、新校舎見たさのOBも今年は多いとの事。昔の校舎を思い出せないくらいに変わってしまった母校の真新しい内外装や、窓からの見える渋谷の風景の移り変わりに、時間の経過を実感しました。紙を止めるクリップを曲げながら、椅子や机のフレーム構造スタディを重ね、その中から発見した案を具現化したテーブル。仮設住居への提案。ペンダントライトを模した、天井からぶら下がるエアコン等、好感が持てました。
「デザイナーと道具展」は、各方面のデザイナー達の、アイデアを具現化する道具と、それによって描かれたスケッチが展示されています。色鉛筆、6Bの鉛筆、筆ペン、からハサミ、マウス、大学ノート、A4のコピー用紙の束等々・・・。1本の線や文字列から醸し出されるその人らしさ。道具は手の延長であり、思考・思想の伝達先です。道具の銘柄にはこだわりが少なく、いつ降りてくるかわからないアイデアの受け止め先として、そばに置いている道具達。「あんたに、こんなふうに使われるとは、道具冥利に尽きる!」声が聞こえてきそうな道具が主役の展覧会でした。
展示のガラスに顔を近づけて見ている人も多く、皆さんじっくり味わっているような良い展覧会でした。

Posted by capi at 02:08 P | from category: Main | TrackBacks
Comments

sscTxRMVXBGSGksGFXO:

This forum needed skhaing up and you
(May 20, 2011 03:09 P)

KereTedlels:

呈矗逶
(September 11, 2011 06:48 P)

trarpAttept:

報闊
(September 23, 2011 06:07 P)

booriiss:

売鞐碌鰲皷鱚 跂
(September 26, 2011 11:20 P)

swescesique:

罷鱚齏纈 赭窶艾
(September 29, 2011 12:41 P)

swescesique:

<b>粫矗逶
(October 07, 2011 03:20 P)

ckajembrakunet:

売鞐碌鰲皷鱚 .寰鱚諤 癪 闔粤謌鴆
(October 24, 2011 08:30 P)

瑕闢:

妹纃
(November 18, 2011 09:56 P)

TypeNeulleymn:

費袱
(November 19, 2011 08:29 P)

sipdrosse:

呈矗逶
(January 23, 2012 02:28 P)
:

:

Trackbacks